甘噛み

子犬は甘噛みで学習する

 
子犬は犬同士の遊びの中から様々なことを学習します。そして遊びには口をよく使うわけです。つまり甘噛みは遊びなのですが、早くに親兄弟から引き離されてペットショップに連れてこられたような子犬は社会化の勉強が出来ていませんので、噛む強さを学習していないのです。
 痛いと感じるほどの強さで人の手を噛む場合、この学習を飼い主がきちんとやり直してあげる必要があります。痛いからと感情的になって叱れば犬は攻撃的な性格を身につけてしまうかも知れません。あるいは人間に対する武器として噛むことを学習してしまうかも知れません。したがって子犬の時期の甘噛みに関しては、単純に子犬の目を見ながら「イタイ」と言いましょう。通常ですとそれで解ってくれるはずです。

噛んで良いものといけないもの

 
歯の生え替わり時期は特にいろいろなものを噛みたくなるものですが、高価な家具や人間の体は噛んで欲しくないですね。犬にハウスマナーを教える場合、何かを禁止させることより、何かをやらせることの方が遙かに簡単です。甘噛みに関しても噛んではイケナイと教えるより、噛んで良いおもちゃを与え、それを噛んでいることをたくさん誉めてあげることで徐々に犬はルールを理解していってくれるでしょう。くれぐれも体罰を使わないで下さい。叱るより誉めて育てる方が犬は遙かに効率よくいろいろなことを学習してくれます。
 噛んで良いおもちゃとは、安全なものに限ります。飲み込めるほど小さいものは危険です。噛みちぎれるものも人が見ていないところで与えてはいけません。木のおもちゃは与えっぱなしにすると木ぎれを飲み込み内蔵を傷つけます。たとえばコングなどのおやつを詰め込むことの出来る丈夫なものがお勧めです。

ビターアップル

 
リンゴの渋み成分を使用したビターアップルという製品があります。多くの犬がこの臭いや味が大嫌いなため、これを噛んで欲しくないところにスプレー、または塗布することにより犬はそこを噛まないようになります。そんな時もチーズなどを塗ったコングを横に置いておけば、ビターアップルよりチーズの味がする方を噛むようになるでしょう。
 リードや人間の手に対してもビターアップルを使うことが出来ます。まれにビターアップルを気にしない犬もいますが、その場合はキンカンやミント系のものも試してみることをお勧めいたします。


S.P.J.Homepage
Link Free