ついて歩く(ヒーリング)

犬が自発的にそばにいるように

 サモエドの多くはどうしてもリードを引っ張って前に行き勝ちです。そこで飼い主はリードを太くしていったり、カラー(首輪)をやめてハーネス(胴輪)にしたり・・・。だんだん犬ぞりの装備に近づいて行ってしまいます。犬はますます張り切って引っ張るようになります。
 これがありがちな最悪のパターン。
 この悪循環から抜け出したいなら決してリードに頼らないことです。それと犬の要求にはどんな理由があろうとも負けないことです。これは言うのは簡単ですがとても難しい矯正です。本当にその意味を理解できるまでには長いトレーニング経験が必要かも知れません。でも頭の片隅に残しておいてください。「リードに頼らない。要求に屈しない」
 ではどうすれば引っ張らない犬に出来るでしょうか?大抵罰を与える方法はうまく行かないでしょう。ここでも自発的な犬の意識を育てる方法が一番効果的です。

チューズ トゥ ヒール

 犬が自ら横につく練習方法をチューズ トゥ ヒールといいます。出来れば安全な庭やドッグランなどの閉鎖された空間を独り占めしてリードをはずして行って下さい。そういう環境が難しかったらロングリードを誰か他の人に持っていてもらいます。
 飼い主は楽しそうにスキップでもしながらおやつやおもちゃを見せびらかして歩き回ります。決して犬を見ないで下さい。犬の存在を無視しましょう。ただただ一人楽しく速いペースで歩き回ります。コの字に回ったりUターンしたり、ランダムにターンを入れながら動き回って下さい。
 犬によっては自由にされると最初飼い主を無視して一人遊びをはじめるでしょう。あるいはぼーっと立っている子もいると思います。それでも構わず楽しそうに歩き回ります。犬は決して見ずに・・・
 この練習も始めたら挫折せず成功するまで続けて下さい。例え1時間かかろうが頑張って歩き回ります。
 案外早く犬は根負けして飼い主のそばに寄ってくると思います。あるいは初めからそばについてくる子もいるでしょう。そこで理想的なポジション、つまり犬の肩が飼い主の左足にぴったりつく位の位置、そして犬が飼い主を見上げている状態、このようなポジションに入ったらそこではじめて犬を見つめ、そして思いっきり誉めます。持っていたおもちゃで遊んであげます。あるいは持っていたおやつをたくさん与えます。

 再び歩き出してみましょう。今度はさっきより早く理想的なポジションに入ってくると思います。そこで「ツイテ」あるいは「ヒール」とコマンドを掛けてあげましょう。ちなみに訓練系の方は「アトヘ」を使います。
 もちろんここで先ほど同様思いっきり誉めてご褒美を与えます。
 だんだんルールを理解した犬はすぐにヒールポジション(脚側)に入るようになりますので、今度は入りそうになったら急に向きを変えたり歩く速度を変えたりしてなかなかそのポジションには入れないようにします。いぢわるをするわけです。すると犬はむきになって横につこうとするようになるでしょう。
 自発的に飼い主の横につきたがる犬の完成です。

 このコマンドもフォーマルとカジュアルを分けた方がよいかも知れません。普段の散歩で使うにはきっちりしすぎているかも知れません。カジュアルの方は同じ練習方法でももう少し離れている状態で誉めてしまいます。コマンドも別のものを使います。

 もちろんオッケーという解放コマンドを忘れないで下さい。犬が勝手に地面の臭いを嗅いだり他の犬に向かっていっては失敗です。自由な行動はオッケーというコマンドを出してからさせましょう。


S.P.J.Homepage
Link Free

Return    Go Top

This Site is planned & designed by NeuPapa
 E-mail:neu@neuhaus.jp