引っ張り癖

サモエドは引っ張る?

 サモエドは橇犬だから引っ張って当然。そう思ってあきらめてはいませんか?手が痛くなるからリードを太いものに替え、犬の首が締まるから首輪をハーネスタイプに替え、勝手にどこかに行ってしまいそうな愛犬を渾身の力を込めて引きとどめる。そんな暮らしは疲れてしまいますね。
 サモエドだってちゃんと飼い主の横を引っ張らずに歩くことが出来るんです。リードをたるませ、ゆったりと歩けるのです。ぜひ正しいヒーリングをマスターして楽しい散歩をエンジョイして下さい。

リードを使って犬が人間をコントロールしている

 人間がリードで犬をコントロールしようとすると、犬も人間をリードでコントロールするようになります。これが引っ張るという現象です。もしちょっと引いたぐらいでは動いてくれない。でも本気で引いたらついてくると思ったら、犬は一生懸命引っ張るようになります。悪循環の輪が出来上がるわけですね。

引っ張り対処法

 犬が飼い主の前に出たら立ち止まり、電信柱になって下さい。リードは腰に固定し決して引っ張り戻さないように。そして叱ったり犬を見たりしないように。とにかく無視をして立ち止まっていて下さい。犬によって時間は異なりますが、やがて飼い主を振り向き戻ってくるとき、あるいはリードがたるむときが来ると思います。そうしたらまた歩き出しましょう。そしてまた前に出たら立ち止まります。
 前方にある魅力が強すぎるとなかなかうまく行きませんので、公園の入り口やお友達の犬を前にしての練習は当面避けましょう。徐々にレベルアップしていくことが大切です。

 安全な広場で歩いてみましょう。今度はリーダーウォークという手法を使ってみます。これは犬が飼い主より前に出たら、すぐさま方向転換をして別の方向に歩き出す手法です。この時もリードを引っ張るのではなく、腰に固定して勝手に歩きます。結果的にリードが張りますが、引っ張る能登では意味が異なります。
 犬が前に出たらまた方向転換。これを繰り返します。その際犬を見たり声をかけたりしないように。ただリズム良くさっさと歩き続けます。犬が抵抗しても無視して歩き続けます。
 この練習中は必ず犬が理想的な位置に着く一瞬が生まれます。飼い主のひざの位置に犬の頭がある一瞬です。そこでおもむろに犬を見て、誉め言葉をかけ、出来ればおやつも与えます。正しい位置を教えるわけです。

 サモエドの引っ張り癖はたいて頑固なクセになっていますから、根気よく対処していって下さい。

コマンドについて

 これまでツイテ歩くことにコマンドを付けていた場合、そしてそれが殆どうまくいっていなかった場合、もうそのコマンドには「引っ張れ」の意味しか無くなっているでしょう。出来ればコマンドを変えてやり直しましょう。それとお散歩注ずっとぴったり横について歩くのは不可能だと思って下さい。ですから、ぴったりつくコマンドは必要なときにしか使わないようにします。そしてそれ以外に、リードさえピンと張らなければ好きにしていて良い。つまり緩やかなツイテのコマンドも別に用意しておくと失敗の連鎖から逃れやすいです。
 いずれの場合にも、もう自由にして良いというタイミングでは解放コマンドを出すことを忘れずに。そうでないとどんどんルーズになっていきます。


S.P.J.Homepage
Link Free

Return    Go Top

This Site is planned & designed by NeuPapa
 E-mail:neu@neuhaus.jp